読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

‪いままで私が書いたブログを読み返すと、一部を除いてかなーり感情的で、逆に何かを論理的に説明したりすることをほとんどしていなかった‬

‪これからはブログを一時的な感情の掃き溜めとしてだけでなく、何かを分析したりするためにも使ってみたいなと思いました‬

広告を非表示にする

可愛い

目がクソほど腫れてるからアイデンティティが死んでる、

 

ウッ、こんなに泣いたの久しぶり、というかお酒のせいで涙が止まらなかったことなんて初めて、

親戚との飲みの席で、もともとあった緊張と緩和と不安といろいろな気持ちでごちゃごちゃしてた心にお酒が入って心が決壊して

 

 

いや別に私が情けないのはいいんですけど、、、、、、、翌日(今日)目が、目が、目が!!!!!!!!!!腫れるんですわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

目が腫れたらやっていけないんだよ!!!!!!!!!!目が重い、開かない!! !!!!!!!!!!顔面偏差値急落下!!!!!誰にも会えません!!!

大袈裟だ、気にし過ぎだ、とか言われますよね!でもね、でもね、そんなくだらないこと、って思われても、私にとっては致命傷ですよ!いきなり誰かに、そんなこと思うのやめろ直せと言われても無理ですよ!おかしい、馬鹿だって言われても、そうなんですから、仕方ないでしょう

 

 (私が四年前、どれだけ念入りに時間をかけて呆れられながらも自分の二重幅を自力で広げて、綺麗な形に安定させたと思ってるんだ)

 

 

☆ここから昨日の愚痴

 

 

なんだよお前ら、ムカつく、分からないなら分からないって言えよ、引けよ途方に暮れてろよ、お前らに私の気持ちが分かってたまるか、

 

どうせ人の気持ちなんかわからないってことはお前らもわかってるんなら、新しいものを見る気持ちで見てくれよ、聞いてくれよ、、、、高望みなのはわかるけど言わせて、

 

私の気持ちは誰の気持ちでもなく私だけの気持ち、いろんな感情とかが混ざり合って新しく生まれた、私だけの気持ちで、それをあの人と一緒だ、同じように悩んで同じように解決するし同じような人生になるんだ、なんて言われて、気持ちが腐るわ

 

お前らの乗り越えてきたものはそりゃあるんだろうね、でもお前らは私じゃないし、乗り越えたものなんて絶対違うだろ、生きてる時代も場所も違うだろ、なあ

 

 

顔の話、あの人の顔のことをさんざん小馬鹿にして、私の顔をあの人とそっくりだと言うんだから、本当嫌になるよ、わたしは覚えているよ、お前らに言われたことずっと覚えているよ、お前らは覚えてねえだろ!!!!!!!覚えてる人と覚えてない人の差だよ、気持ちの差だよ、性格の差だよ

 

お前らにわかってたまるか

 

可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い可愛い

お前の可愛いってなんだよって聞かれた、分からなかった、そんなの、お前のアイデンティティってなんだよ、って聞かれてるのと一緒だ、

 

ああ、こう言えばよかったのかな、可愛いは私のアイデンティティだ、これからもどこまでも突き詰めていくんだって、可愛いは抽象的だよ、そんな、言葉で簡単に表せるものじゃないだろう、

もし具体的な言葉で表すとしたら、二重の幅だとか、小鼻のつき方とか、唇の厚さだとか、なんでも言えるけど、そんなものじゃないから、ああ、私の可愛いも私だけのものだよ

 

価値観がおかしいですか馬鹿ですかはいはい、それは私に病名とかがついてないから言えるんですよね、私は馬鹿ですか、いいですよそれで

 

お前何のバイトやってんの、キャバクラか、いやお前にはそんなこと無理だとからかわれた、つまんないってどっち?私が言うの?言われるの?

 

 

 

好きなことしますわそれなら!!!可愛くなりたいです、もっと!!!!吐いてもいいから痩せますわ!!!!おかしいと言われても馬鹿だと言われてもいいよ、それでこそだろ、ウケる

 

お前らは適当だよ、明るいよ、本気になった根暗な私が馬鹿、何の関係もないようなお前らに、私の妹の病気のことを相談する意味などなかった、無責任なお前らに強くなれと言われても、なれるわけないだろう

 

乗り越えられない難は無い、お前が頑張れ、だって!そっか!あはは!あはははははははは

 

 

広告を非表示にする

Twitter②

引きこもりがちになってスマホをいじりだすとどうしてもTwitterのアカウントを作りたくなってしまうんですよね

とりあえずTwitterは面白かったりうっとりするようなつぶやきが溢れててほんと私にとって手ッッッッ軽な娯ッッッッ楽って感じなので、たのしくて、でもいわゆるTwitter沼にハマるというか、抜け出せなくなるんですよね

Twitterは私を神経質にさせるというか、Twitterのことを考えると愉しいをこえて頭が痛くなってくるような、、、私は本当に純粋系クズですね!

 

でもまた実験的にアカウント作ってみることにしたんですよ、 @kireikitanai

‪フォローされたいとかふぁぼられたいとか面白い人と思われたいとか、今までめっちゃ考えてしんどかったから、このアカウントからは何の見返りも求めず、できるだけ人に不快な思いさせず、適当にやっていきます‬

 

広告を非表示にする

本日のダイアリー

いつも私のブログは溜まりすぎて腐ったエネルギーをブシャーっと当たり散らすようにぶちまけるようなスタイルだったちょっと今日は違う使い方をしてみよう

 

今日はとりあえずエネルギーを使いすぎた、腐れるほど余っていない、普通に疲れた、眠い。

 

朝から、こじんまりとしたオシャレな映画館(単館系?というやつ?)でマイナーな新作邦画を見た。ポップコーン買った、安かったし美味しかった。映画はマジでよかった。ある女優さんが演じる人間像を、今の私に重ね合わせてしまい、意識的に感情移入モードに入ってしまったため、マジで観てて息苦しくなった。

昨日の夜、「映画はジーッと(ボーッと)観てればいいもの」みたいなツイートを見たことに影響されてすげーガン観した。楽しかった。いろいろ見えてゾクゾクした。見のがしたものも(きっとたくさん)あってゾクゾクした。

最近俳優のワークショップを初めて受けてみたこともあってか、俳優さんの細かな動作がいちいち興味深かった。視線のやり方とか笑い方とかも。

あと福島の景色…と言いたいけど、それよりも目に付いたのは部屋に置いてある小道具とかだったかも。まあなんでも楽しい。

 

 

んでなぜか小さな遊園地に行くことになってジェットコースターや諸々乗った。くらくら。出費かさむ。これが娯楽…

 

 

そのあと、イベントが開催されてると聞いてたから行ってみたら超絶混んでで、即あーもうやめよう、となったけど、その場所でもう1つ別の展示をやっていて、そっちに行ったらかなり面白すぎた。明日もマジで行こうかな、というくらい。やべえ。文化最高。さらっと廻る事しかできなかったからそれしか言えなくてごめんなさい。明日マジで1人で行きてえな。

 

そのあとカラオケに行って3時間歌った。なんかちゃんと昼から夜の料金に変わる説明説明してくれなかったっぽい、1400円ちょっとでイケると思ったのに1700円ちょっと取られた、クソ、なんか騙された気がする、まあ今日はしゃーない

 

ってことで、本当に、本日のダイアリー的なブログがかけましたーめずらし

 

 

 

痩せたい

わたしだって、けっこう心身が芯のほうまで温まって、ほくほくとした明るい気持ちになることもあります、いつもそうでありたいんだけど、なかなかそうならないんですよね、なんでそうならないんだろう、忘れてるんですよね、自分もこうなれることを

で今が明るい気持ちのときなんですけど、まあ薬が効いてるとか、お風呂上がりのストレッチがよかったとかあると思うんですが、1日の中の安定期ですね、1日の中でも波ありまくりですからね毎日、人間味がすごいということで、まあ

 

したいことがたくさんあるなあ、とりあえず、吐かずにまっとうに痩せるんだ、吐いても意味ないからね、過食嘔吐は時間の無駄だということ、えっと過食嘔吐はたしかにすっきりするんだけど、だんだん栄養不足で肌荒れとかするし体調崩しがちになるし、結局吐かない過食をする期間ができて、また太ってやり直し、ってことです、だから時間の無駄なんだ、とりあえず吐きたくはないな まっとうに、痩せたいっていう願望に、グシャグシャッ、もう無駄!!無駄!!とかせずに、丁寧に沿っていきたい できるだけ摂生したいなあ、でも無理かなー自炊苦手だし…とりあえず食べすぎるのが続かないようにしよう、やけ食いを断ち切るのは無理だから、許せる範囲でやろう、痩せられるように、世の中では最低限だけどわたしからすれば最大限の努力をしよう

 

動画に写ってたわたしはたしかにデブだった顔丸い全体的にだらしないデブ、痩せたい、あーとりあえず50キロ切るまでしっかりしたい、痩せて綺麗になりたい

広告を非表示にする

わたしをみつけて

ずーーーっとストローふにゃふにゃになるまで噛んでバスストップから睨んでるよ

 狂ってるのは君のほうだふざけんなって思って泣いてるよ

 

ねえ、わたしをみつけて

見出されたり見込まれたりしたいんです

 

東京

 

好きで好きで好きで好きで好きで好きで消えてしまうような惨めな気持ち、

もう会えることはないでしょうきみとは、きみは私みたいなのが嫌いで苦手でしょ、わかってるから、なおさら焦がれて、わかってるから、わかってんだわかってるんだけど、きみは違う気がするんだよ、ねえ、

どんなクソだとしてもきみの声なら、きみの目なら、許せるはずだし、ずるいな、きみみたいなのはずるいな、

好きで好きで好きで好き、なにが好きなんだろう、きみは東京みたいだ、東京が私のインターネットシティーだったころの東京みたいだ

きっときみは私が新幹線の中から見ていたころの東京で、太陽に照らされる無数の窓ガラスにも、雨に暗く濡れる広い道路にも胸を焦がしていた、あのころの私の東京だ

広告を非表示にする